福祉医療の問題点と自分の思い

ボランティア活動をするためにはある程度の時間も必要です。
自分はそういったことには積極的なので時間を大事にしています。
しかし近年では様々なボランティアがあって判断に迷います。
基本的には自分の感情を優先して他人の助けになる内容を選びます。
私は医療や介護に興味があるので他人を救えるならそれで充分です。
福祉医療には問題点があると思いますがそれを気にしていないです。
個人的な考えとしては現実を気にするよりも行動だと思います。
医療や介護の問題点をなくすためには個人が努力をすることです。
それで他人の役に立つという結果も必要です。
今はボランティア活動も自由にできるので一般的な人間ができることは多いです。
過去の歴史を見ると人間は医療や介護に力を使っています。
その結果として今の高度な福祉医療があります。
私はこの事実を受け止めて真面目に誰かの助けになりたいです。
また福祉医療の問題点は経験することで具体的な解決策も見えると思います。